お金借りる方法

学生がお金を借りる8つの方法!親にバレずに即日で借りるには?

学生がお金を借りる8つの方法を紹介
学生であっても何かと出費がかさみ、今すぐお金を借りたい場面があるはず。そんな時、理由によっては親にバレずにお金を借りたいですよね。

収入が少ない学生は、お金を借りるところも限定されますが、まったくお金を借りられないわけではありません。

  • 親にバレずに即日借りられるローンを知りたい
  • 学費を借りる方法が知りたい
  • 未成年の学生でも借りられる方法はある?

こんな疑問に回答し、学生がお金を借りる方法について条件別に紹介していきます。

学生がお金を借りる方法は8つ!条件別の借り入れ方法をチェック

学生がお金を借りる方法
学生がお金を借りる方法は8つあります。目的や条件によって利用できる方法は異なるため、自分に合った借入方法を選びましょう。

学費を借りたい学生は、学費を貸し出している専門の機関から借りられます。中でも利用人数が多いのは奨学金ですが、その他にも銀行や国の教育ローンも利用可能です。

未成年の学生はアルバイトをしていても、金融機関でお金を借りられません。ただし学生の特権である学生ローンや、親にお金を借りる手段があります。

ギャンブル代や飲み代など、親に言えない理由がある学生は、消費者金融のカードローンを利用しましょう。唯一、即日の借り入れにも対応しているため、今すぐお金が必要な学生にもおすすめ。

またキャッシング枠が付帯しているクレジットカードを持っている学生は、キャッシングで現金を借りる方法もあります。

いずれも学生が利用できる方法で、方法によって借りるまでの時間や利息が異なるため、希望に合ったところでお金を借りましょう。

学費を借りる目的で消費者金融から借金をすると、金利が高すぎて返済できないトラブルが起こります。
逆にギャンブル目的で教育ローンは借りられません。

返済能力がない学生だからこそ、自分が希望する条件に合わせてお金を借りることが重要なのです。

学費を借りたい学生は奨学金を利用できる

奨学金と学費の写真
学費が支払えなくて困っている学生は、奨学金を利用できます。入学金や授業料を借りられる制度で、実に大学生(大学院生)の半数が奨学金を利用しているデータもあります。

日本学生支援機構の「学生生活調査」(2016年度)によると、奨学金を受給している学生の割合は、大学学部(昼間部)で48.9%、大学院修士課程で51.8%、大学院博士課程で56.9%となっています。
引用:奨学金を受けている学生の割合はどれくらい?|公益財団法人 生命保険文化センター

中でも最もポピュラーなのが日本学生支援機構(JASSO)の奨学金制度です。

対象となるのは、大学院・大学・短期大学・専門学校といった、義務教育以降の学校に通いたい学生です。
貸与型がメインとなっており、学校に通っている間は返済なしで奨学金を借りられます。

学校卒業後に返済が開始となるため、学費を気にせず学校に通えるのがメリット。
日本学生支援機構の奨学金は次の2種類に分けられます。

  • 無利子で借りられる第一種奨学金
  • 利子がつく第二種奨学金

奨学金を受けるためには、在学している学校長の推薦が必要で、それぞれに採用基準があります。
そのため大学に通う人が誰でも借りられるわけではありません。

採用基準でみられるのは「学習の成績」と「世帯の家計状況」。たとえば無利子で借りられる第一種奨学金の場合、次のような基準が求められます。

1.学力基準
(1) 高等学校又は専修学校高等課程の1年から申込時までの成績の平均値が3.5以上
(2) 高等学校卒業程度認定試験に合格した人又は科目合格者で機構の定める基準に該当する人
(3) 生計維持者(父母等、2人いる場合は2人とも)の住民税(所得割)が非課税であって、以下のいずれかに該当するとして学校長の推薦を得られる人
・特定の分野において特に優れた資質能力を有し、進学先の学校において特に優れた学習成績を修める見込みがあること
・進学先の学校における学修に意欲があり、進学先の学校において特に優れた学習成績を修める見込みがあること

2.家計基準
<収入・所得の上限額の目安>

世帯人数 給与所得者 給与所得以外
3人 657万円 286万円
4人 747万円 349万円
5人 922万円 514万円

引用:第一種 – JASSO

第一種は無利子となるため、第二種と比較しても採用基準が厳しくなっています。

父・母・本人の3人家族だとした場合、父と母の年収を合計して657万円以下であれば申請できる計算です。1人あたり328万円(月収27万円)以下が基準となります。

基準を満たしており、学校長からの推薦があれば、誰でも申し込み可能です。
奨学金を借りたいときは、学校の先生に相談してみましょう。

日本学生支援機構では、2020年4月から給付型の奨学金が誕生しました。
給付型の場合、最大で月額75,800円の給付を受けられます。貸与型よりも採用基準は厳しくなっていますが、家計の都合で学費を払えない人は利用してみましょう。

奨学金での自己破産が社会問題化している

今や大学に通うために奨学金を借りるのが当たり前になっている時代ですが、奨学金を返済できないことによる自己破産が社会問題となっています。

 国の奨学金を返せず自己破産するケースが、借りた本人だけでなく親族にも広がっている。過去5年間の自己破産は延べ1万5千人で、半分近くが親や親戚ら保証人だった。
引用:奨学金破産、過去5年で延べ1万5千人 親子連鎖広がる

奨学金は申し込み時に連帯保証人が必要で、本人が返せなくなると親や親戚に返済の義務が生じます。

第二種奨学金を満額借りたとすると、576万円にもなります。卒業後20年かけて返済しようと思うと、元金だけでも月額2万4千円の支払いが必要です。
第二種の場合、利子が加算されるため、月額3万円に近い支払いとなる場合も。

就職すれば返済できると考えている学生も少なくありませんが、大卒の初任給の平均が20万円とすると、そのうち3万円を毎月奨学金の返済に充てていくのは厳しいでしょう。

奨学金はうまく利用すれば学習のチャンスを広げてくれる制度であるものの、無計画で利用すると後々自分の首を絞める結果となるため、計画的に利用することが大切です。

銀行の教育ローンで借りる方法もある

銀行教育ローンの写真
奨学金を利用するためには、平均水準以上の学力がないと推薦してもらえません。日本学生支援機構への申し込みが難しいと思われる場合、銀行の教育ローンを利用する方法があります。

銀行の教育ローンを利用するメリットは次のとおり。

  • 中学や高校の学費も対象になる
  • 好きなタイミングで借り入れできる
  • 学費以外に一人暮らしの資金や塾の費用も対象になる
  • 銀行によっては金利の引き下げ条件を設けている

銀行の教育ローンは、教育全般を対象としているため、中学や高校の学費も対象となっています。
入学費用や毎月の学費だけでなく、一人暮らしの家具家電代金や、受験費用としても借り入れ可能です。

奨学金のように入学時にまとめて借りるわけでなく、好きなときに好きな金額を借りられるのもメリット。
すでに口座を開設していたり、給与口座として指定している場合、金利を引き下げできるケースもあります。

一方で銀行には奨学金のように無利子で借りられるローンはありません。
銀行の教育ローンには必ず利子がかかります。

銀行の教育ローン金利

銀行 ローン金利
愛知銀行 年2.5%
イオン銀行 年2.8%
みずほ銀行 年2.975%
楽天銀行 年3.9%
住信SBIネット銀行 年3.975%

銀行の教育ローンは2~3%程度の金利がかかります。奨学金の利率が1%未満なことを考えると、金利は高めの設定です。

金利が高い分、奨学金のように学費をまるまる借りるのは向いていない方法です。入学金や一時的に必要な資金を借りる程度にとどめておくのがおすすめですよ。

学費を支払えない家庭は国の教育ローンを利用できる

国の教育ローンのパンフレット
奨学金の審査に通過するのが困難な世帯は、国の教育ローンを利用できます。

日本政策金融公庫が提供している「教育一般貸付」は、年1.7%で350万円までの借り入れが可能です。
世帯年収が200万円以下だったり、母子父子家庭だったりする場合、金利や保証料、返済期間で優遇を受けられます。

教育一般貸付のメリットは、連帯保証人が不要なこと。教育資金融資保証基金と呼ばれる公益財団法人が保証を行ってくれるため、保証料を支払えば親や親戚を連帯保証人にする必要はありません。

また成人しており生計がある学生であれば、本人でも申し込みできます。

親にバレずに即日借りられるのは消費者金融カードローンのみ

消費者金融カードローンの看板
学費でなく生活費や遊ぶお金が欲しい時は、金融機関でお金を借りる方法があります。

  • 親に絶対バレたくない
  • 今すぐお金を借りたい事情がある

こんな場合、親バレせずに即日借りられるのは消費者金融のカードローンのみ。

消費者金融と聞くと、無理な取り立てのイメージがあるかもしれませんが、現在は「貸金業法」という法律でお金を借りる人が守られています。

下記で紹介する大手消費者金融を使って借りれば、怖い人が家に取り立てに来たり、親にバラされる心配もありません。
むしろ学生にお金を貸してくれるところは少ないので、親バレせずに今すぐお金を借りたいのであれば、消費者金融以外で借りるのは難しいでしょう。

大手消費者金融の中でも、特に学生におすすめのカードローンをまとめました。

親にバレたくない学生にぴったりのSMBCモビット


CMでもおなじみのSMBCモビットは、親やアルバイト先にバレずにお金を借りたい学生にぴったりのカードローンです。

というのも、モビットは公式サイトで「在籍確認なし」をうたっているため。

POINT在籍確認とは?
カードローンに申し込むと、本人が働いていることを証明するため、アルバイト先に電話がかかり、これを在籍確認と呼びます。
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座をもっている
  • 保険証をもっている

この条件を満たしていれば、一切の電話連絡なしでWEBのみで申し込みが完了します!

学生の場合、親の扶養内で保険証を持たされていることが多いでしょう。手元に保険証があれば、あとは上記の銀行口座を持っているか確認するだけです。

口座を持っていなくても、未成年でなければ親権者の同意なしで銀行口座の開設も可能です。
三井住友銀行ならアプリから口座開設でき、最短当日に口座番号がわかります!

モビットで10万円借りた場合、1ヶ月後に返済すれば利息は1,479円のみ。今すぐお金を借りて、バイト代が入ってから返すことももちろんできます!

1~5万円を借りたい学生はレイクALSAがおすすめ

  • 飲み会のお金を借りたい
  • 今すぐ購入したい限定グッズがある
  • アイドルのCDを購入するお金が欲しい

こんな風に1~5万円でいいからお金を借りたい学生は、レイクALSAを利用しましょう。

レイクALSAは利息のかからない期間が60日間と最も長く、5万円までの借り入れなら180日間の利息が無料になります。

通常5万円を借りて半年後に返済すると、4,438円の利息(手数料)がかかります。レイクALSAなら利息が無料になるという、非常にお得なサービスです!

今月5万円借りたとしても、月1万円ずつ返済していけば、借りた元金のみの返済でOK。ムダな手数料がかかる心配もありません。

カードローンによって破産まで追いやられる原因のほとんどが、利息がかさんで返済できなくなること。つまり無利息で借りられる期間が長いほど、破産に追いやられるリスクも少なくなるというわけです。

初めてお金を借りる人や、カードローンに対して不安を感じている人は、レイクALSAを手始めに利用してみましょう。
新生銀行グループなので、返済できずに脅される心配もありませんよ!

クレジットカードを持っている学生ならキャッシングできる

クレジットカードでのキャッシング
クレジットカードのキャッシングを利用すれば、親にバレずにお金を借りられます。

すでにクレジットカードを持っている学生は、キャッシング枠が付帯していないかを確認してみましょう。
キャッシング枠は、ネットの会員サービスや電話での問い合わせで確認できます。

持っているクレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合、今すぐカードを使って現金を引き出せます。

コンビニや銀行ATMで引き出せる他、会員サービスで申請すれば銀行口座に振り込んでもらうことも可能です。

クレジットカードを持っていない学生は、キャッシング枠が付帯したカードを発行しましょう。

ただしACマスターカードやオリコカードといった信販会社が発行するクレジットカードは、20歳以上でないとキャッシングを利用できません。カード会社によって利用できる年齢に違いがあるので、発行前にチェックしておきましょう。

親にバレないようにするコツは、利用明細をWebに設定すること。明細書が自宅に届くと、キャッシングした履歴を家族に見られてしまいます。

また家族カードでキャッシングすると、本カードの明細に履歴が残ってしまうため、自分専用のクレジットカードを発行してキャッシングするのがおすすめです。

18歳・19歳の未成年でもお金を借りられる学生ローン

遊ぶお金が欲しいとき、未成年は原則として金融機関でお金を借りられません。

上記で紹介したモビットやレイクのような大手消費者金融は、返済能力のある成人を対象としているため、未成年は申し込みの対象外となります。

18~19歳の未成年でも唯一利用できるのが、学生を対象としている学生専用ローン。数ある学生ローンの中でも、未成年の貸付に対応しているのが以下の2社です。

カレッヂ

学生ローンの「カレッヂ」は、未成年でも全国どこでも借り入れできるローン会社です。
高卒以上であれば18~19歳でもお金を借りられます。

限度額は10万円となっており、学生証と免許証(保険証)、キャッシュカード、公共料金の領収書があれば申し込めます。
カレッヂカードを発行すれば、全国のセブン銀行ATMでいつでもお金を引き出せる便利さです。

フレンド田

18歳以上であれば申し込めるフレンド田(デン)。親の同意が必要で、承諾があればお金を借りられます。
親にバレたくない人はカレッヂの利用を検討しましょう。

即日融資に対応しているので、今日中にお金が必要な学生にもおすすめです。

未成年やバイトしてない学生が使える方法

学生ローンは即日に借り入れできて便利な方法ですが、アルバイトをしていないと貸してもらえないところもあります。

また未成年だからといって金利を優遇してもらえることはありません。

年率17.0%と大手消費者金融と変わらない金利となっているため、借りる金額と返済期間によっては、ムダな利息が発生してしまいます。

たかが5万円と思っていても、半年借りていれば利息だけで4,000円近い金額が上乗せされます。1年かけて返済したとすると8,500円もの利息がかかってしまう計算です。

返済できない場合、親に連絡されてしまうこともあるため、未成年がローンを利用するリスクは高め。

学生ローンの利用を避けたい未成年の学生や、バイトをしていなくてお金を借りられない学生に、ローン以外でお金借りる方法をまとめました。

学生の特権を活かして親や友人にお金を借りる

学生がお金を借りる方法で最も手軽なのは、親や友人に借りる方法です。学生の間はお金を工面してくれる親も多いのではないでしょうか?

親や友人にお金を借りる方法は、申込や審査もなく、手軽に借りられる方法な反面、トラブルに発展しやすいデメリットもあります。

千葉県船橋市の18歳少女が監禁され遺体で見つかった事件で、少しずつ背景が明らかになってきた。当初は逮捕された少女(18)との間のささいなトラブルがきっかけと報じられてきたが、金銭トラブルが影響していた可能性が出てきた。
引用:千葉18歳少女殺人、動機は金銭トラブルの可能性

上記は極端な例ですが、お金を借りたことによって友人関係にヒビが入ってしまうケースも少なくありません。

親や友人にお金を借りるときは、なるべく短い期間で返済するようにしましょう。また借りる場合は5万円までといったように、自分が返済できる範囲にとどめておくのがマナーです。

質屋で不用品を買い取ってもらう方法もある

未成年でも質屋を利用すればお金を借りられます。
質屋はブランド品や貴金属を質入れすることで、お金を借りられるお店のこと。最近ではiPhoneやiPadなども、対象商品となっています。

手元にお金になりそうなブランド品がある場合、質屋で査定をしてもらえば、その場でお金を借りられます。

お金を返済できれば、商品が手元に戻ってくるのも質屋のメリット。最短15分でお金を借りられるので、どうしても今すぐ現金が必要なときに検討してみましょう。

質屋に預けた結果、商品が購入されてしまった場合にはお金を返しても商品は戻ってきません。
黙って親のブランド品を預けるのは、リスクが高いため避けましょう。

高校生はお金を借りられない!お小遣いやバイト代の範囲でお金を使おう

高校生とお金の写真
未成年でも借りられる方法を紹介しましたが、いずれも高卒以上の18歳から利用できる方法になります。

したがって高校生がお金を借りる方法はありません。中高生でどうしてもお金が必要な場合は、親から借りるかアルバイトで稼ぐことを考えましょう。

友人から貸してもらう方法は、返せないでいるとトラブルに発展する可能性が高くなります。場合によっては、恐喝やいじめだと思われるリスクもあるため、やめておきましょう。

学生を狙った闇金やSNSの個人間融資に注意

Twitterのキャプチャ
現在お金に困っている学生を狙った闇金が横行しています。闇金から一度でもお金を借りてしまうと、とんでもない利息を催促されたり、自宅まで押しかけられたりと、トラブルに発展してしまいます。

学生には「親や友人、アルバイト先にバレずに借りられる」「今すぐお金を借りられる」といった甘い言葉で誘ってくる業者がほとんど。
借りるときはバレずに借りられるものの、返済できなくなると「親や学校にバラす」と脅される可能性もあります。

また最近流行っているのがSNSでの個人間融資です。Twitterなどで「お金を貸すよ」とリプライしてくるのは、ほとんどが闇金業者のスタッフ。

 狙われるのは主として若い女性であり、貸主の男がメールなどで借主の顔写真を送信させるなどし、直接会ったうえで、性行為に応じれば金利など返済条件をゆるくしたり、返済日を先延ばしにするが、応じなければ金利も高くなるといった条件を提示する。
引用:性行為を条件に高金利で金を貸すヤミ金業が横行 カラダが担保の「ひととき融資」とは

学生であるがゆえに、脅されたり、性行為を強要されたりといったトラブルに発展しやすくなります。

学生であっても、お金を借りられるところはあります。
闇金からお金を借りる前に、正しいお金の借り入れ方法を知っておくことが大切です。

-お金借りる方法